炭酸水

思春期ニキビの要因

思春期ニキビは主に、中学生から高校卒業の期間にできる吹き出物のことを言います。
思春期はホルモンのバランスが一定でないため、女性でも一時的に男性ホルモンが高くなってしまうのです。
この男性ホルモンは皮脂の分泌を過剰に行ってしまうために、毛穴が塞がれ、炎症をおこしニキビとなって現れます。
思春期が終わればホルモンバランスが正常になるので、ニキビも自然と治って行くのですが、ニキビ跡ができたりするとがっかりしますよね。

そのため、大人ニキビとはちがい、思春期ニキビは分泌された皮脂をこまめに取り除き、毛穴を塞がないように心掛けなければなりません。
出始めの対処が肝心。
悪化してからでは、アクネ菌が繁殖し、さらにニキビの出やすい環境、治りにくい環境へと変化してしまいます。
皮脂が出て来たなと感じたら、アクネ菌対策などの洗顔で毛穴をきれいにしてあげるといいです。
ゴシゴシ洗うのではなく、ニキビがでているところはとくに優しく、刺激をあたえないように洗ってあげるのがコツです。
なぜかといいますと、思春期のニキビは刺激を与えるとどんどん皮脂を分泌してしまうからなのです。

他の対策としては、髪の毛が顔にかからないようにしておくこと。
毛先がいつも顔に触れていると肌が敏感に反応するだけでなく、ばい菌もいっしょに毛穴に入ってしまい、炎症の元にもなってしまいます。
あまり、ストレスにならないように、思春期の間だけですから、長い目でニキビケアをしてみてください。


このページの先頭へ