炭酸水

知られていないニキビの要因

ニキビの原因が、体質や遺伝であったとしても、食生活を見直せば、今のニキビの量を減らせるかもしれません。
まず、ニキビの原因となる食べ物には、脂っこい食べ物の他に、辛いものやケーキやチョコレート等の刺激物といったものがあります。
食べてはいけないということではなく、食べ過ぎに注意しながら楽しみましょう。

食事に気をつけてもストレスなどで出来てしまうニキビ。
これを抑えるには、ビタミンや食物繊維、亜鉛などを含む食品を食べましょう。
亜鉛を含む食品例にはチーズや抹茶、ゴマや大豆などがあります。

ニキビの原因は偏食だけが原因ではありません。
ストレスや乾燥肌、便秘、不規則な生活、冷え性なども関係してきますので、どの要因が自分のニキビに一番影響を及ぼしているのか研究してみるのもニキビ予防に効果的です。
また女性特有の生理前のホルモン変化によるニキビもあります。

ホルモンの変化で自律神経が乱れることによってニキビが出てしまいます。
生理中は、男性ホルモンが多くなるため、女性ホルモンを活性化させなければなりません。
そのためにはイソフラボンを体外から摂取するといいようです。

大豆製品を積極的に取り入れると解消につながります。
食生活に気をつけるためにも、毎朝みそ汁を飲むといいかもしれませんね。


このページの先頭へ