炭酸水

ニキビの芯の仕組みについて

ニキビの芯はつぶす方が良いとかつぶさない方が良いとか、人によって意見も様々ですよね。
そもそもニキビの芯とは皮脂と角質が混ざり、固くなってできたものが毛穴を塞いでいるのです。
この芯が皮膚の下に入ったままだと、炎症が治まらない他、アクネ菌の栄養源となりニキビがますます増えて行く原因となっています。

そのため、ニキビの芯は取り除かなくてはならないのです。
しかし、自分で取り除こうとすると、肌を傷つける危険が高いほか、汚れた手でつぶしてしまうとバイ菌が入り、更なる炎症を起こしてしまうため、あまりいい方法ではありません。
ニキビの量が多い場合は専門の医師に除去してもらうのが一番丁寧ですし、治りも早いと言えるでしょう。
ニキビが一つ二つなど数える程度で、皮膚科に見てもらうほどでなければ、ニキビ対策の洗顔で毛穴の中から芯を落としてくれるタイプのものを使用してみるのがいいかと思います。

ここで注意したいのが洗い方です。
芯を取り除くために顔全体をゴシゴシ力を入れて洗うのはNG。
逆に必要な皮脂まで落としてしまい、乾燥肌から新たなニキビの原因になります。
洗顔の際はあくまでも部分的に丁寧に優しく洗うことをお勧めします。


このページの先頭へ